Download!Download Point responsive WP Theme for FREE!

ブレインストーミング


ブレインストーミングブレインストーミング(Brainstorming)、ブレインストーミング法(BS法)とは、アレックス・F・オズボーンによって考案された会議方式のひとつ。

集団思考、集団発想法、課題抽出ともいいいます。

ブレインストーミングの過程では、次の4原則(ルール)を守ることとされています。

ブレインストーミングの4原則

  1. 判断・結論を出さない(結論厳禁)
    自由なアイデア抽出を制限するような、判断・結論は慎む。
    判断・結論は、ブレインストーミングの次の段階にゆずる。
    ただし可能性を広く抽出するための質問や意見ならば、その場で自由にぶつけ合う。
    たとえば「予算が足りない」と否定するのはこの段階では正しくないが、「予算が足りないがどう対応するのか」と可能性を広げる発言は歓迎される。
  2. 粗野な考えを歓迎する(自由奔放)
    誰もが思いつきそうなアイデアよりも、奇抜な考え方やユニークで斬新なアイデアを重視する。
    新規性のある発明はたいてい最初は笑いものにされる事が多く、そういった提案こそを重視すること。
  3. 量を重視する(質より量)
    様々な角度から、多くのアイデアを出す。
    一般的な考え方・アイデアはもちろん、一般的でなく新規性のある考え方・アイデアまであらゆる提案を歓迎する。
  4. アイディアを結合し発展させる(結合改善)
    別々のアイデアをくっつけたり一部を変化させたりすることで、新たなアイデアを生み出していく。
    他人の意見に便乗することが推奨される。

 

関連記事

Add a Comment