Download!Download Point responsive WP Theme for FREE!

人の悪口を言うと自分自身が傷つく


KK48484
私たちが日頃何気なく使っている言葉が、脳と体に大きく影響しています。例えば、脳は主語を理解できないという性質を持っています。

主語が理解できないので、自分が発した言葉全てを自分のこととしてとらえてしまいます。

だから、人の悪口を言うと、脳の中では自分が悪口を言われた時と同じ状態になるんです。

つまり、相手の悪口を言うと、自分自身に悪口を言っていると判断し、自分も傷つき気分が悪くなります。

人をけなしてばかりいる人は、なぜか自己嫌悪に陥っていくのはそのためです。
そして、より人に対して攻撃的になります。
(自分が自分を無意識に攻撃している状態となるわけですから逃げようがありませんね)

反対に相手を褒めてあげると、自分が褒められたと思い、気分が良くなり自尊意識が高まります。

タイガーウッズは、ココ一番の大勝負の瞬間、対戦相手が上手くいきますように!と祈るそうです。

相手という自分に余計な呪いをかけない!だから自分を妨げる思いが少ないのです。その結果あれだけの成果を出せるのです。

凡人とは逆の思考なのです。

あなたは他人をけなしますか?それとも褒めますか?

 

関連記事

Add a Comment